井熊総本家

水戸で最初の和菓子屋さん

水戸の梅を一番最初に作りました

 

水戸の梅を一番最初に作りました

創業当時から高品質を維持し、水戸の伝統的和菓子をつくり続けています。
「水戸の梅」「梅羊羹」「のし梅」を開発し、今では水戸の代表的銘菓になりました。

 

水戸の代表的銘菓

一番のお勧めは元祖水戸の梅
創業当時、偕楽園の梅の実を精選し創製しました。
白餡を求肥で包み、密漬にした紫蘇の葉で包んだ香り高い美味しさです。

水戸の代表的銘菓

銘菓いろいろ

のし梅
琥珀色の梅肉ゼリーを二枚の竹皮で包んだ、懐かしい甘酸っぱさが美味しいです。

梅羊羹
水戸の偕楽園の梅をイメージさせる、ほのかな梅の香りと梅色をした上品な羊羹です。

ひかえおろ
栗餡、小倉餡、みそ餡を柔らかい羽二重餅でくるんだ、口当たりのやさしいお菓子です。

吉原殿中
水戸藩の奥女中吉原がつくらせた、伝統的銘菓です。

よかっぺ餅
柔らかなお餅を黄な粉で包んだ、素朴で懐かしい味わいです。

梅羽衣
梅肉ゼリーを少し固めに仕上げ、砂糖をまぶしたお菓子です。

秋冬限定のほしいも羊羹もお勧めです。

 

おいしさの秘密「伝統」

おいしさの秘密「伝統」

水戸城をイメージさせる店構えの店舗で、すぐ裏で作られたお菓子を販売しています。お赤飯や祝い菓子も予約で販売しています。
ぜひお店に足を運び、当時の様子えを思い浮かべながら、出来立ての美味しさをご賞味下さい。