川崎製麺

川崎製麺

川崎製麺の水戸藩らーめん

 

古いけれども新しい味、水戸黄門さまの蓮根ラーメンを再現しました

 

古いけれども新しい味、水戸黄門さまの蓮根ラーメンを再現しました

見た目は日本蕎麦のようですが、もちもちと、のどごしの良いラーメンです。
水戸黄門さまの蓮根ラーメンを再現しました。

 

「水戸藩らーめん」です

商品は醤油、味噌、冷やし麺の梅ダレがあります。それぞれ卵麺の細麺や太麺、蓮根の粉の入った麺と、スープにあった麺になっていてバリエーションが豊かです。
当時、五辛とよばれた5種の薬味のニンニク、ニラ、ネギ、ラッキョウ、ショウガが添えてあり「五臓の気を発する」と言われ、あっさりとした体温まる一杯に仕上げました。
「水戸藩らーめん」です

 

水戸黄門さまの食べた日本で最初のラーメンです

水戸黄門さまの食べた日本で最初のラーメンです

水戸周辺には打ちたての水戸藩らーめんを食べられるお店がたくさんあります。
ご自宅でラーメンを作る時は、器を湯通しして温めておくのがお勧めです。トッピングを用意しておいて、スープもお湯を注ぐだけにしてから麺をて茹でましょう。更に隠し味でスープにお酒をひとさじ入れると更に香りがよくなります。

 

おいしさの秘密「水戸黄門さま」

おいしさの秘密「水戸黄門さま」

日本で初めてラーメンを食べたとされる人は水戸黄門さま。当時、中国崇拝ブームだった武家社会において好奇心旺盛な黄門様は長崎に居留していた高名な儒者、朱舜水を水戸藩に招きました。殿自ら、うどんや蕎麦を打ちそのお返しに、朱舜水は豚の腿肉を塩漬けしたハムでとったスープで作ったそうです。麺には蓮 根の粉が使われていました。黄門様の時代から、二百年近くたった21世紀に当時のラーメンを復活させ名物となりました。地元の蓮根を練り込み、もっちりと した、のどごしのいい、色も味わいも独特な「水戸藩らーめん」を再現しました。

水戸黄門さまの食べた日本で最初のラーメンです