明利酒類

明利酒類

 

明利酒類 外観

 

風土を感じ、伝統的な美味しさが味わえる

お酒は気候風土や土地柄で味が変わります。
「米どころは酒どころ」と言うだけに、茨城県の美味しいお米とお水を使用した日本酒や焼酎、梅酒、味醂を明利酒造は江戸時代末期安政年間に東茨城郡吉田村(現・水戸市元吉田町)当地において酒造業を創業したのが始まりです。

 

特装パッケージの商品もあります

有名イラストレーターさん書き下ろし特装パッケージの、厳選された国産青梅(白加賀)を100%使用した低アルコールですっぱさが素敵なさわやか梅酒です。
日本酒や梅酒も、ワインのように時が経ちアルコールが熟成された方がおいしいようです。
特装パッケージ

 

副将軍

おいしい清酒「副将軍」を味わってください

 

清酒「副将軍」は小川酵母の特性を生かした淡麗芳醇で、近年全国新酒鑑評会において金賞を連続受賞した代表的な日本酒です。

 

清酒酵母

おいしさの秘密「清酒酵母」

酒米の外皮を削り、蒸す、漬ける、ろ過する…
長い時間をかけてじっくりと作られていました。
明利酒類の酵母は小川酵母といい、優れた香気を造りだし、酸が少なく低温でよく発酵するため、吟醸酒や本醸造酒などの高級酒に向いている酵母として高く評価されています。
この酵母は、1952年に明利酒類の副社長の小川知可良博士が東北の酒蔵から分離培養したもので、今では全国の酒蔵で吟醸酒用の酵母として使われています。